株式投資と信用取引について

株式投資の魅力とメリット

株式投資はリスクがある反面大きなリタ−ンも狙うことができる投資です。基本的には証券取引所に上場している株式を購入し値上がりした際には売却して差益を得ることを目的とします。また合わせて保有している期間中に配当権利を得た場合には配当金ももらうことができます。この配当金の利回りは平均で1〜2パ−セント程度ありますのでもし株価の上下がなければこの配当分だけでも預金よりも有利な運用をすることができたということができます。株式投資は証券会社に口座を開きその口座に資金を入金し買付を行います。当然証券会社に手数料を支払う必要がありますが現在はネット証券の普及もあって全体的にその売買手数料は下がっている状況です。

株式投資における信用取引について

株式投資は原則として購入した株式が値上がりすることによって利益を得ることを目的としています。ただ値下がりしたとしても利益を出せる購入方法があります。その方法が信用取引という方法です。信用取引は値下がりしても利益を出すことがあります。その方法は信用取引の中でも空売りというものです。はじめに証券会社から株式を借りてその株式を売ります。その後株価が下落したところでその株式を購入をして借りていた株式を返すというものです。その差額が投資家にとっての利益となります。それ以外にも信用取引のメリットがあります。それは持っているお金以上に取引をすることができるということです。いわゆるレバレッジをかけるというものです。