株の信用取引について

信用取引とはどういうものなのか

株の信用取引は各証券会社の基準をクリアーすることで行うことができます。実際の資金の3倍程度の金額を証券会社から借り受ける形をとることでより大きな金額の株式取引を行うことが可能になります。とくに株式取引の中級者から上級者において活用している人が多いのが特徴になっています。通常の株取引口座とは別に信用取引口座の申し込みを行う必要があります。信用取引においては売りから入ることも可能なため相場の下落局面でも利益を狙える点が大きなメリットになっています。買いだけでなく売りからでも取引が行えるという点は個人投資家にとって大きな武器になるため上手に活用して安定した資産運用を行っていくことがポイントになります。

相場局面に応じて売りと買いを使い分ける

株式取引で一番重要なことはトレンドに逆らわずに順張りでトレードするという点になります。長期の上昇トレンドが発生している時には信用取引での買いを行うことによって実際の資金以上の取引を行うことができより収益を増大させることが可能になります。個人投資家にとって多額の運用資金を用意することが難しい場合などもあるためこれらを上手に活用することでより効率的な資産運用が可能になります。一方で相場下落局面では信用取引の売りを行うことによって利益を狙うことができるほか保有株のヘッジとして活用することもできます。保有株の下落分を売りで相殺することで損失を回避することができます。現物株のみの取引では下落分が損失になってしまいます。